弁護士でトラブル回避

裁判所ドラマなどでもそのシーンが多く描かれていることを理由に、不倫や浮気による慰謝料請求は裁判が必ず開かれるものだと思っている方もいるようです。しかし、弁護士に依頼して進めていくと、慰謝料請求は必ずしも裁判を開かなければいけないわけではないことが分かります。このことは慰謝料請求を経験したことのない方の中には知らない方も少なくありません。具体的に裁判なく完了するとはどういうことなのか説明すると、そのまま不倫相手の方と直接交渉で完結することが挙げられるため、必ずしも裁判が必要というわけではありません。

とはいえ、例外も存在します。その例外とは、相手側が納得せずに、逆上したりすることになります。例として夫からの家庭内暴力によって離婚することとなった場合で考えてみましょう。この場合、直接交渉をしに行ったということだが、ここで請求する側の方が暴力をふるっていた夫から逆上されて、さらなるトラブルに発展したという事例もあります。確かに、きちんと話を付けたいという気持ちもあるでしょう。ところが直接会うことによって、さらなる被害へと発展する恐れもあることを知っておかねばなりません。不倫された方の中には、相手と会うのすらストレスに感じる方もいます。したがって、請求にあたる2次トラブルを避けるため、ストレスを軽減する意味でも弁護士の無料相談を利用するのもいいのではないでしょうか。