素早く解決する弁護士

弁護士初めて慰謝料の請求を経験する方は最初、戸惑ってしまうものです。慰謝料の請求方法には自分が直接不倫相手に掛け合って、慰謝料を請求する方法もあります。しかし、冷静に解決したいということであれば、弁護士に相談してみるのも方法の1つになります。では実際には弁護士への依頼でどんなところがスムーズに進められるのか紹介します。

依頼する前に不倫や浮気以外でどのような要因での慰謝料請求が可能なのかを見ていきましょう。ここで、挙げられる要因として2つほど挙げます。1つ目の要因は、夫か妻から暴力を振るわれていたこと原因で離婚した場合です。この場合に請求の要因となるものは目に見える身体的暴力だけではありません。夫婦間での暴力が原因で慰謝料を請求する際には暴言など言葉による精神的暴力も含まれているのです。

2つ目はパートナーがギャンブルにはまってしまい、生活するうえで助け合いが困難な場合です。結婚した夫婦は本来、助け合って生きていかねばなりません。片方がパチンコなどギャンブルばかりすることが原因でうまくいかなかった場合にも慰謝料の請求が可能です。ここからも分かるように、慰謝料請求が可能になるのは不倫や浮気だけではないのです。そのため、心当たりがある場合には弁護士に相談すべきでしょう。請求するうえで弁護士に相談することで、豊富な経験と知識に支えてもらえるという大きなメリットがあります。加えて、直接個人で交渉した場合にあり得るトラブルを未然に防ぐという役割も担っていると言えます。人によっては直接交渉の際に顔を合わせるのがとてつもなくストレスという方もいるのです。その際にも弁護士であれば、代行で交渉してもらえるため、その心配はいらないと言ってもいいでしょう。

慰謝料請求をどのように進めていけばいいのか、初めて経験する場合は良く分からないものです。この記事では、慰謝料請求をするにあたって、どのような方法を選べばいいのかを紹介しています。1人で慰謝料請求の仕方に悩む方にとって、少しでも参考になるような情報を提供できれば幸いでございます。